TITLE
TOP
協会概要
講習会案内
協会ニュース
入会案内
アクセス
FAQ
リンク集
質問1
技能講習修了証の再交付を受ける場合、どの様な手続きが必要ですか。
所定申込書に基づき本人確認を行い、再交付理由が妥当と認めた場合に再交付いたしますので次の手順で申請下さい。
  1. ご本人が発行機関に直接、お越しになり申告する。(本人確認できるものをご持参下さい)
  2. 遠方等でお越しになれらない場合は、原則、本人が電話等でその旨申告する。
  3. 申告内容が適正な場合には、申込書を手渡し又は郵送、FAXで送付する。
  4. 申込書に必要事項を本人が記載する。(「氏名」「生年月日」「住所」「再交付の理由」等)
  5. 発行機関に申込書を持参又は送付する。諸費用として、再発行手数料2,000円/1件、郵送の場合には返信用封筒(切手392円)を現金書留にて同封する。
  6. 氏名の変更がある場合は、変更を証明するものを添付する。(戸籍抄本)
  7. 修了証受領に際して、代理人の場合は所定の委任状が必要である。
質問2
安全管理におけるリスクアセスメント活動と従来より実施している危険予知活動の違いはどこにありますか。
労働災害を防止する基本的な流れは同じです。
では、どこが異なるかといえば、次の点に相違があります。

  リスクアセスメント 危険予知(KY)
何を対象として 着手する工事、工種全体 当日の実施作業
いつ行うか 工事着手前、設備導入前 当日の作業実施前
誰が行うか 事業者、安全衛生担当者、管理者、職長等が協力して実施 職長、作業員が実施
ねらい目 工事、操業に当たり設備、資材、実施方法、管理面等で考えられる危険性、有害性を事前に把握、対応を検討して事故災害を防止する。 当日の作業を安全に行うために自らが危険を再認識することで安全意識を高める。
※このように、双方とも大切な安全管理手法であり決して疎かにはできません。